[About Us]
お洒落でスタイルよくて仕事もスポーツもできて、何かかっこいい!」男として生まれたなら、たぶん一度は思ったことある理想像。俺はそうなりたい!
ここは、かっこいい男(を目指す男)のライフスタイルと男の本能を追求していくサイトです。

IT-Style アーカイブ

2007年01月29日

Windowsの行く末は・・・

windows-vista-open.jpg

Windows XP以来、約5〜6年ぶりのメジャーバージョンアップとなるOS「Windows Vista」が明日(1/30)発売(深夜から発売するところもあるそう)です。

ええ確かに、「想像以上の驚きです。」

Windows Vistaの日本版公式サイトのキャッチコピーは間違っていません♪

度重なる発売の延期(2年半以上)に、予定されていた(告知していた)機能の数々の大幅削減や、意味不明の混乱を招く機能など、開発プロジェクトの失敗と言われる Windows Vista。

メーカーのMicrosoft側いわく、「Windows Vistaは今後10年の基盤」と言っているそうですが、つまり、今後10年はムリヤリこれで押し切って、当面はOSのメジャーリリースに関わりたくないんですね。きっと。

明日以降のVistaのサポートをしていかなくてはならない各ベンダーやサポートセンターの方々は、きっと恐怖でおののいていることと察します・・・。

相変わらずビジネスシーンでのシェアが強いWindows。今後もさまざまな「驚き」と共に振り回されることでしょう。

2007年06月04日

コンピュータの未来 〜ゲイツ氏vsジョブズ氏の対談〜

gates_vs_jobs2007.jpg

去る5月30日(米国日時)に、カリフォルニアで技術関連の会議である「All Things Digital Conference (D5)」が開催され、注目はコンピュータ業界の二大巨頭、マイクロソフト(Microsoft)会長のビル・ゲイツ(Bill Gates)と、アップル(Apple)の最高経営責任者スティーブ・ジョブズ(Steve Jobs)の24年ぶりとなる顔合わせ。

Microsoftの創業者でもあるビル・ゲイツは、いわずと知れたWindowsというオペレーティングシステム(OS)を武器にパーソナル・コンピュータを世に広め、一時は世界のコンピュータ業界の頂点に君臨したと言っても過言ではない有名人。そして、Appleの創業者スティーブ・ジョブズは、当時先進的・革新的なOSと共にパーソナル・コンピュータを世に送り出したマッキントッシュ(MAC)をはじめ、現在ではiPodの成功で幅広くメディア・コンテンツ業界にも本格進出を果たしているコンピュータ業界きってのカリスマ的存在。

そんな二人のトークセッションを日本で例えれば、ソニーの創業者・井深大と松下電器産業の創業者・松下幸之助(共に現在は生存していないが…)の対談のようなものかな?

今回のトークセッションの中身は、各社の新製品の発表から、それぞれの信念やお互いの評価に至るまで幅広いものとなったようだ。

ゲイツ氏の、「今後も、パーソナル・コンピュータは私のライフワークであり、ソフトウェアの追求は信念でもある」という主旨の発言は興味深いものだった。近々引退するという話も出ている中で、「まだまだ現役であり続けたい!」という想いの現われなのだろうか。

ゲイツ氏とジョブズ氏の互いの評価については、ゲイツ氏いわく「ジョブズ氏は、人と製品を選ぶ直観力は秀でており、そのやり方は魔法のよう」と賞賛し、一方ジョブズ氏は、「ゲイツ氏の他社との提携力は見事で、それが少しでもAppleで出来ていたならもっと良かった」と、お互い半ば皮肉った表現をしているのには面白かった。

それぞれ今や世界の一大企業を作り上げた創業者でもあるが、未だ相変わらずのライバル心を持ちつつ、現役バリバリな側面も見せるこの二人はやはりすごいなぁと思った。

今後またこういう機会があるならば、現在インターネット上(コンピュータ・ネットワーク界?)の覇者となりつつあるグーグル(Google)やアマゾン(Amazon)の創業者の対談や、さらにこの二人(ゲイツ&ジョブズ)を交えてのセッションが実現されると面白いのにな〜♪


▼All Things Digital Conference (D5)での二人の対談の全ムービー公開中
Steve Jobs and Bill Gates Together
▼当日のD5会場レポートはこちら
ついに! ゲイツ氏とジョブズ氏が夢のステージへ--D5会場レポート(CNET)

2008年06月20日

今こそWebブラウザを見直そう!

browser.jpg

PC上でインターネットを閲覧されている方は、通常、Internet ExplorerやFirefox、safari などといった「Webブラウザ」というソフトウェアを通して閲覧されていると思いますが、快適なインターネットライフを楽しむには、このブラウザの機能や性能が大きく左右してきます。

現在のウェブにおける様々なニーズに対応していくためにはブラウザの進化は欠かせません。そんな中、今年はブラウザ戦国時代の年ともいえる勢いで、ブラウザのシェアを巡って各社メジャーバージョンアップが目立ちます。

まず6月17日(日本時間では6月18日)に公開されたばかりの、Firefox 3 では、見た目だけでなく、かなりの性能アップと安定度が図られました。機能が多くなればソフトの立ち上がりや実行速度が重くなっていく中、Firefoxはどんどん快適・軽量化しています。
初日ダウンロードがギネス記録に達し現在申請中という快挙も成し遂げました。

そして、先ごろリリースされたばかりの Opera 9.5 では、複数のパソコンや携帯電話などから同じブックマークを利用できる新機能の搭載が注目されています。サーバー上にブックマークを置くことで他のところでも利用できる仕組み。ウェブサービスでのソーシャルブックマークのような形ですね。

Apple社のMacOS X以降での標準ブラウザで、今年の春先に初めてWindows版としてリリースされた Safari も、Appleらしい洗練されたインターフェイスに加え、動作もなかなか軽快で'使える'ブラウザとの呼び声も高まっています。

昨年頃まではWindowsでのブラウザといえば、Microsoftの「Internet Explorer(IE)」が、ブラウザ市場の95%以上を占めていましたが、洗練されたブラウザが次々台頭してきている中で、現在ではこのIEも70%を切るくらいに市場シェアを落としています。

しかし、Microsoft も8月には Internet Explorer 8 を投入するようで、ますます群雄割拠にも勢いが増していくことと思われます。

そこで今回、現時点での見解でみた「おすすめブラウザ」を挙げてみます。
どれも無料でダウンロード&利用できます。

Mozilla Firefox 3 おすすめ度 ★★★★★
オープンソースブラウザとして洗練されていったFirefox。シンプルかつ軽快な動作で使いやすい。インストールのしやすさも◎。必要な機能やテーマをアドオンでどんどん拡張できるので、自分好みに仕立てられるのもよい。現在圧倒的にシェアを伸ばしているブラウザ。また、メールソフトのThunderbird も人気。

Sleipnir(スレイプニル) 2 おすすめ度 ★★★★☆
レンダリングにはIEエンジンをベースにしつつ、実用的・機能的なインターフェイスを標準で取り入れたブラウザ。速度も快適。以前より多くのヘビーネットユーザに支持されており、扱いやすさから、自分的にはこれをメインのブラウザに利用している。また同様の特性を持ちファンを獲得しているLunascapeも見逃せない存在。

Opera 9.5 おすすめ度 ★★★★☆
水面下でファンを持ちつつも、あまり目立たない存在だが堅実な性能やセキュリティとレンダリング技術を誇るブラウザ。メール送受信などの機能も搭載されており、統合型のブラウザと呼べる。Operaは以前より多くの携帯電話やモバイルなどでも搭載されており、今後の注目株。

Safari 3 おすすめ度 ★★★☆☆
Windows版も出て、少しずつシェアを広げつつあるブラウザ。iPod touch やiPhoneにも携帯版として搭載されている。ただ、現在Windows版では脆弱性がやや問題になっているので、これからの安定性次第では欠かせないブラウザとなるかも知れない。

2008年07月31日

Life with あいふぉーーん

iPhone3G.jpg

さて、7月に満を持して発売し世間でも色々と騒動のあったiPhone。俺も2週間くらい経って買ったんだけど、使い始めてちょうど10日が過ぎた。俺にとって こりゃ便利だぜー!と実感しております。

個人的に一番のメリットは、インターネットをPC同様にブラウジングできる機能(safari)が搭載されている点。今までは、携帯で見えない、見ることができないページって多かったし、たとえ表示できても見るに耐えないというケースも多かった。

今のところFlashを使ったページが見えないのは残念だけど、それ以外はかなりの点で秀逸。ネット利用を考えれば、ちょっとしたことならノートPCの変わりになるくらいだ。

iPodが使えるので、そのまんま家のPCにある音楽と同期してガンガン聞けるのもスバラシイ(これまでの携帯では容量もないし、mp3対応してないし、変換とか面倒くさくて役に立たんかった・・・)。

現在位置から割り出せるGoogleMapを使った地図も、わりと方向音痴な俺にとってはナイス☆

それと、これまでは youTube を見る習慣なんて全くなかったんだけど、iPhoneでは枕もとで手軽にちょっと見れて、さらに画面イッパイに表示されるのでテレビ感覚で見られるため違和感もなく、その日のダイジェストチェックにもとっても便利!

そして、アプリ。
今はまだまだ少ないアプリだが、これが充実すればかなり便利に楽しくなりそう!

ちなみに、最近は midomi というアプリにはまってマス♪

歌やハミングで音楽検索「midomi」
iPhone用アプリのページはこちら

これは鼻歌で曲を検索できちゃうというもので、iPhoneにある電話用マイクでフン フンフーーン♪てな具合に鼻歌を口ずさむと、マッチする曲が出てくるんだ。「あぁこれこれ!」ってな具合に鼻歌から色々と曲探しをするのも面白いけど、なにより、色んな曲を世界中のユーザーが歌ったものを聞くのもなかなか面白れー。「うはっ、うまいなー」ってのもあれば、「うわっすげぇ音痴や〜」とか楽しいのw

肝心な電話機能やメール機能はいまいちだけど、電話機能は殆ど使わず専らモバイルPCがわりな俺的には非常に便利なツールっす!!
ちなみに、ちょっとばかしだけど、このサイトもiPhoneで少しばかり見やすいように対応してみた♪

今回のiPhoneのように、ひとつの携帯電話にこれだけの話題性が出たというのも、これからの携帯市場が大きく変わっていく節目であり転換期なのかも知れないね。そして近いうちには、インターネット世界の覇者 Google の送り出す携帯「Google Android(アンドロイド)」も登場し、間違いなくメディアを騒がすだろうし、今後どういう未来社会になってゆくのか わくわくするなーっ♪

2008年08月07日

ストリートビュー☆

google-streetview.jpg

つい先日、ウェブの地図サービス「Googleマップ」でストリートビューなるものが正式にはじまった。
実写の路上の景色が360度見渡せ、まるでバーチャル散歩のように楽しめるストリートビュー。
これはまたすごいなぁ〜。

Googleマップ(ストリートビューをクリック)

どこでどのようにして撮影しているのか分からないが、カップルのキスシーンが映っていたり、いけない場所に入ってるサラリーマンや、下着が干してあったり・・・と、一歩間違えればプライバシー侵害になりかねない数々の写真。もちろん、顔や車のナンバープレートにはボカシが入っているんだけどね。

今のところ、日本では東京や大阪など比較的都心部のストリートしか見ることはできないのだけど、全国津々浦々見られるようになったら、便利になる一方、犯罪に使われたり色々怖い面もありそうだよね。

Googleのアイデアや技術は、この先いったいどこまでいくんだろう。


以下のまとめサイトでは、いろいろユニークな場所をピックアップしているよ〜。
Googleマップ ストリートビューのまとめサイト

▼ アーカイブ

▼ RSS配信/フィード

RSS ver1.0RSS ver1.0
RSS ver2.0RSS ver1.0
atom

▼ 友人リンク先

  • MAGS
    等身大の自分を追い求めて日々を過ごすマグさんのサイト
  • Liberty Pool
    美しい肉体美を誇るnishiさんのサイト。Blogも始動中!
  • Pero's favorites
    ゲイ映画の情報が満載のPeroさんのサイト
  • telepathy
    率直なCDレビューをはじめ、音楽にこだわりをもったSpunkyくんのサイト
  • Yes...soul travelers
    旅行や小動物、植物をこよなく愛するショウタさんのサイト
  • 男絵ブログ(MEN-ART)
    鉛筆・パステルタッチの男絵が印象的なman_neriさんのサイト

▼ Special

Mixed Tape
★Mixed Tape 36★

メルセデス・ベンツの提供するMixed Tapeシリーズ第36弾。
全曲(10曲/40分) 無料!

▼ 募金・情報

▼ 実用ツール

イメージ