humangrows-style

【 男を磨く・鍛える 】

2005年07月17日

男魂Act.1「思い描く」

かっこいい男への自己改革プロジェクトとして、以前からやってみようと思っていた企画。毎回テーマを決め、俺の言葉で書こうと思ってる。読んでる皆がどう思うかも知りたいし、どういう風に受け止めたかも語り合ってみたい。興味をもったテーマに参戦してくれる人は、コメントに書いてくれるとうれしいな!(返信遅い時多いけど♪)

【今回の雄たけび】

「”思い描く”楽しさを知ろう!」

男の人生において、”思い描く”ことはとても大事なんだ。けど、「宝くじ当たったらなー」とか言うのとは違う。ここでいう思い描くとは、例えば「こういうことができたら、面白いだろうな!」ということを何か思いついたら、それを実行するには何をどうしたらいいかということまでを頭の中に描いてみる。紙に書いてみるのもいい。

アイデアがない人はいない。「でも、俺にはアイデアが・・・」という人は、日々の忙しさや悩みに、考える余裕がないだけだ。いくら忙しくたって、四六時中、悩みに悩んでいる人はそうはいない。自覚がないだけで、どこかで「こんなのあったら・・・」と思うことはあるはず。それに気づき、膨らますことだ。

ここで大事なのは、「これは実現できそうにもないな・・・」などと思わないようにしよう!現実可能な域に当て込めるのは後だっていいんだ。今は、自分の思いつきを否定しないこと!自分の可能性を信じること!思い描くということはそういうもの。

そして、思い続けることで様々な可能性は増幅する。いつの日か、そのアイデアを現実に実行する機会が訪れたなら、その思いが強ければ強いほど、きっと多くの協力者の手によって実現できる。

「俺はやれるんだ!」 男のロマンは、そこからはじまる。

投稿者 humangrows : 04:17 | コメント (10) | トラックバック

2005年03月12日

プロ論。

book16.jpg1ヶ月ちょい前に買った本だけど、なかなか面白いと思ったので紹介。

「プロ論。」は、"真のプロとは。"を追求した内容で、今の時代をリードする経営者やジャーナリスト、芸能人、漫画家と幅広い分野の著名人50人が名を連ねている。求人・転職雑誌の「B-ing」に掲載されていたものをまとめているため、全般的に転職がテーマになっているが、日産社長のカルロス・ゴーンに始まり、和田アキ子で締める、というユニークな構成が面白い。

特に今の時代を象徴しているなぁと思ったのは、ほぼ全著者が転職を肯定的に捉え、転職や独立を勧めているところ。

・今は「横断的な働き方」が求められる時代になった(カルロス・ゴーン)
・転職しないことは、能力がないとみなされる時代がやってくる(成毛 眞)
・転職35歳限界説なんて、大ウソ。みんな洗脳されている(中村修二)
・転職をしないから、ストレスがたまる日本(邱 永漢)
・自分が輝ける場所に行けばいいじゃない(本宮ひろ志)
・体全体で何かを理解するのが人間。転職を何度繰り返したっていい(中島義道)

そして、興味深い言葉のひとつとしては、

転職か独立か。答えはないんだ。大事なことは、やりたいことを見極めること。そこに到達するために、どんな条件が必要で、どんなステップを踏むべきかを考えること。そのために転職や独立を手段にしたらいい。これからは、独立してから大企業に転身…なんて時代になる。もうどこに勤めるかじゃなく、何がやりたいか、何ができるか、それがすべての時代になるんだよ。(ドリームインキュベータ社長・堀 紘一)

これからの時代は、"転職や独立を手段のひとつ"という考え方は本当に大事だと思う。俺の周りでも20歳前後で就職し、未だに"一度"も転職をしてない人はかなり多い。殆どが「地方では簡単に再就職ができない」と決めつけている。でも"いち企業"に長く居れば居るほど辞める時が大変になっていく。俺たちは今のリストラの現状をリアルに見てきているのに、それに目をつぶっている人が非常に多いのもまた事実。

実際に転職するかどうかは別にして、いつまでも転職に対して「後ろめたさ」をもっていては、どうしようもないんじゃないかと思う。よく「辞められないんだよ」とか、「今辞めたら会社が困る」とか言ってる人がいるけど、そんなの都合のいい自己正当化に他ならない。いつまでもそういう姿勢で居続けると、傍目からは、「会社にかじりついている寄生虫」としか映らなくなってくる。

今、自分が本当にやりたい仕事ができている!と思えますか?


▼「プロ論。」
著・B-ing編集部/発行・徳間書店(Amazonで詳細をみる

1.会社で頭ひとつ出たいとき
2.会社を辞めるべきか迷ったとき
3.やりたい仕事が見つからないとき
4.働くことがいやになったとき
5.仕事でヒットを飛ばしたいとき
6.苦しい時期を乗り越えたいとき
7.好きなことで食べていきたいとき

投稿者 humangrows : 18:04 | コメント (2) | トラックバック

2005年02月19日

人生タスキ

ekiden.jpg

転校や卒業、転勤や転職などで環境が変わると、次第に身の回りの人間関係も変わってきますよね。そんな時、これまで築いてきた人間関係はどうしていますか?

たいていの人は新しい環境への対応に慌しく、これまでの人間関係を維持するという意識は特に持たずに、相互連絡のない過去の友人たちとは次第に疎遠になり、自然消滅していく…というパターンが多いんじゃないでしょうか。

もちろん、環境が変わっても、以前の人間関係をきちんと維持していく人もたくさんいるでしょうし、中には、身近な血縁者以外はすべてリセットしているって人も意外に多くいるようです。

環境が変わって、どういう人間関係を築いていくかは人それぞれです。
けれど、”環境が変わる時”というのは、実はとても大事な瞬間なんです。

ekiden2.jpg

年始や日曜日などにテレビで駅伝を見た人も多いと思います。駅伝というのは、次の人へタスキを渡す瞬間まで(もしくは定められたゴールまで)、皆いろいろな思いを抱きながら一人孤独に走ってゆくんです。

駅伝というロードの中で、タスキというのは、その一瞬に思いを濃縮して次の人へ伝えていく役割があります。また、「自分」と「人」との”接点”が生じる時、それが「タスキ」を渡す瞬間です。

人生において、”環境が変わる時”というのは、駅伝でいえば、タスキを渡す瞬間のようなもので、ひとつの”区切り”であり”接点”です。

駅伝では、タスキを繋いでる間は一瞬ですが、タスキを渡す人の「思い」はもちろん、タスキに込められたこれまでの「すべて」を受け止めることができます。

こうしてタスキを繋ぐ間、つまり自分と関わっている間には、お互いが何かを伝え合い、影響しあっているんです。

それが一瞬でも、1年であっても10年であっても、同じだと思うんです。
長き人生の中で、知り合ってわずか数ヶ月や1年で生涯の友になり得ることもあれば、10年以上付き合っていた友に裏切られる場合だってあるでしょう。

付き合いが長くとも短くとも、大事なのは、相手との接点です。
俺は、人との繋がりは「接点にあり」だと考えています。

互いに違う環境、違う人生を歩むようになり、接点がなくなったとしても、ふとした事でまた再び接点が生まれるかもしれない。

その時、それまでにお互いが経験してきたことや思いを伝え合うことで、今度はまた違う形で新たな思いを共有でき、互いに影響し合えるんです。

再び生まれる接点というタスキ。

以前とは違う環境で違う場所かも知れませんが、以前のロードでの、人間関係や絆を大切にしているからこそ生まれる「成長した出会い」です。

そんな出会いって、素晴らしくありませんか?

あなたが入社や入学、転勤や転校などで環境が変わってしまう時、それは新たな「人生駅伝」の始まりなのです。これまでの環境を離れる前に、身の回りの友人・知人たちとしっかりとタスキを繋いでおきましょう。再び巡り合う日を胸に抱いて・・・!

投稿者 humangrows : 23:55 | コメント (6) | トラックバック

2005年02月05日

男から男への贈り物

mini-t.jpg

誕生日や記念日などでプレゼントを考えるとき、苦労されていませんか?特に男から男へのプレゼントというのは、選ぶときに情報が少なくて悩む人も多いと思います。

それで今回は、「男から男への贈り物」として喜ばれそうなものをいくつかピックアップしてみました。どれも数千円程度の安価で購入でき、少しばかりですが、ひねりもきいているものです。これらを参考に、身近なショップで売っている手軽な素材を元にいろいろ手を加えれば、あなただけの最高の贈り物ができると思いますよ!

贈り物というのは片手間に選んで渡すと、受け取る人は分かるものです。同じ渡すのなら、その人のために真剣に選んで、「真心」をもって贈ってみては如何でしょうか。こういう手間を惜しんではいけません。

▼ 貯金箱
自分ではなかなか買わないものに貯金箱があります。本当に欲しいものというのは、自分で買ってこそ充実感があったりしますよね。ならばそのお手伝いをするためのプレゼントというのも効果的です。
受け取る人が「いつか買いたい」と思っているものを貯金箱に貼っておくのも手でしょう。友だちへのプレゼントならば、「これで、彼女(彼氏)と旅行へ行く資金を溜めなよ!」なんて言って渡すのもいいかも。

▼ ミニTシャツ
ちょっと部屋に飾れるようなミニTシャツ。今はミニTシャツも種類が豊富で、サッカーや野球などのユニフォームもあって、贈る人に合わせたものが選べます。直接Tシャツに、またはメッセージカードなどへ個人的に想いを書き添えて贈るのもいいですが、友人の送別などで皆でプレゼントする時には、”寄せ書き”して贈るのもいいかも知れませんね。

▼ 調味料セット
男で料理が好きな人、得意な人、たまに作るけどこだわる人っていますよね。こういう人たちにとって調味料というのは、ものすごく意味を持ちます。「マイ調味料セット」を持つのは、ぜったいうれしいと思いますよ!また、おしゃれな調味料入れ(容器)を買ってきて、自分でバジルやハーブなどを組み合わせ、オリジナルスパイスにしてみるのも手です。

▼ 隠しプレゼント
「プレゼントとして渡すのはなんか照れくさい」という人は、パチンコで取ってきた景品のお菓子を・・・と思いきや、中を開けるとっ!?という演出も面白いと思います。アクセサリーなど小さなモノなら、中身の菓子といっしょに埋もれさせてみるとか、ちょっとした工夫で、受け取った人の嬉しさも倍増しますよ!

▼ 目覚まし時計
目覚まし時計というのは、なかなか自分では選ばない、買わないものです。だからこそ選んで価値のあるプレゼントだと思います。今は色々ユニークな目覚まし時計が手ごろな価格であります。例えば2つ用意して、「笑いをひとつ、実用性をひとつ」というのも面白いかも知れませんね。

▼ マイフォト・アルバム
自分が感動した場所などの「ギャラリー(フォトアルバム)」を作って送るのも意外に喜ばれたりします。ひとつずつコメントは難しいと思うので、その時の感動や思い出などを書き記したちょっとした「手紙」を添えても面白いと思います。

投稿者 humangrows : 19:31 | コメント (8) | トラックバック

2005年01月09日

大人への成人式

seijin-siki.jpg明日は、成人式ですね。

成人式とは、古来、日本人の一生のうちで最も重要とされてきた儀式「元服式」が、1948年(昭和23年)に、国民の祝日に関する法律により「成人の日」と定められ、今日まで50年以上続いた儀式のことです。

当時の元服式では、童名を改め成人名をもらったり、髪型や服装を大人のものに変えることで、その日を境に、周囲へ大人としてのアピールをすることになると同時に、当人に大人としての自覚と責任感を持たせるという、いわば「大人の通過儀礼」という重要な意味を持っていました。

そもそも古来の日本では、一般的な日本人の寿命が50歳ぐらいだったので、20歳といえば「大人」になっていなければならない年齢だったのです。しかし、現代では80歳くらいに寿命が延び、20歳を大人の境とするならば、大人になってから60年以上もあることになりますよね。

そんな大人としての長き人生は、できることなら延ばしたい、「まだ子供でいたい」という思いを持つ人もけっこう多くいるんじゃないでしょうか。今の各地での成人式での様相を伺っていると、「今から大人になるぞ!」という人は少ないように思えますね。

しかし、成人式に「大人」にならずに、いったいいつならば大人になれるのでしょうか。人間の成人として体は出来上がっており、体力的にも精神的にも充実している20歳。あとはあらゆる面でピークを過ぎ、そのうち「大人になろう!」と気づいた時には肉体と精神のギャップが生じてきて何もできなくなりますよ!

成人式なんて、20歳を超えたから関係ない、という人・・・。あなたは真の意味の「大人」になっていますか?きちんと親離れして、育ててもらった親に恩返しはできていますか?そして、自分が大人としての自覚や責任感を十分に持っていると言えますか・・・?

「うーん、どうかなぁ?」と思う人は今、改めて”大人の通過儀礼として”の「自分の成人式」をやってみましょう!

投稿者 humangrows : 19:01 | コメント (5) | トラックバック

2004年10月30日

まだ、次がある。

2004年もあと2ヶ月。
これから年末も控え、皆、慌しい時期に入ってくる。
「仕事のスケジュールもプライベートの予定もいっぱいだ」
という過密な人も少なくはないだろう。

俺自身、この時期になると気持ちの上で焦ることもしばしばで
「今、やらなくちゃ」「年内に…」という思いは常に頭によぎる。

そこで最近、心に刻んでるフレーズ。

「まだ、次がある。」

1回や2回失敗したって、予定が狂ったって、
”今回ダメなら次があるさ”くらいの気持ち!

今年できなければ、来年できるようにすればいいし、
案外、それが来年の目標や楽しみにもなるかも知れない。

それに、どんな時だって「もう遅い」ということはないし、
「チャンスを逃した…」なら次があるじゃん!
1回しかないチャンスなんて、実際たいしたもんじゃない。

「もう遅い」と決めるのはけっきょく自分。
自分で行き場のない結論を出してしまうのは、もったいない。

日々の忙しさに追われ、葛藤を抱いて2004年を終わるよりも、
漠然とした焦りを抱き、はっきり見えない不安感におびえるよりも、
「来年すること」「できること」を思い描いて、しっかりと目標を立て、
今の自分ができる「成すべきこと」に取り組むことが大切。

まずは来年の「志」を描こう!

投稿者 humangrows : 22:06 | コメント (2) | トラックバック

2004年10月19日

28歳からのリアル

book15.jpg以前から取り上げようと思っていた本なんですが、先日書店に行くと続編「28歳からのリアル〜マネー編」が出ていたので今回ピックアップです。

「28歳からのリアル」では、仕事、結婚、お金、住まい、健康、親、モノ、マナーの大きく8章の項目に分かれており、生命保険だとか年収のマトリクスだとか、かなりシビアなことが書かれています。

この本のコピーにこうあります。

「萎えたオヤジにならないために、
やっておくべきこと、全部!」

まさしくその通り。
この本の中で28歳という位置づけを、「社会に出てほぼ10年。30歳からの本当の意味での人生の出発を2年後に控えた、いわば離陸前夜の年。」と言っています。

俺は28歳という分岐点がかなりプレッシャーでしたね。実際に社会での見られ方が大きく変わってきたのも28歳からでした。年齢を聞かれた時の反応も27歳までの時とは明らかに違ってきます。時には、もう結婚して家庭を持っているのが当たり前かのように言われる事もあったり・・・。

28歳を超えた人は分かると思いますが、体の衰えを痛感してくるのもこの頃なんですね。

体の衰えについて、この本の中ではこう書かれています。

あなたの体のピークはとっくに過ぎています。あとはただ衰えていくだけです。たとえるなら高度1万メートルを飛行する飛行機。もちろんエンジンはとっくに止まってます。残りの50年余は止まったエンジンでふらふらと風に乗るようにして生きていくわけです。あとは徐々に落ちていく・・・。

なんだか悲しくなるような内容ですが、事実、体のピークは過ぎているわけですから、これからはいかに老化速度を落とさないよう努力していくかが、違いに表れていくんだと思います。努力しないと体は維持できないわけですね。

そうして28歳の山を超え、現在まで自分なりに頑張ってきた俺ですが、今は30歳を目前に控え 次なる緊張感が押し寄せてきています・・・。

30代に伸びる人、30代で萎える人。
その違いは自分の人生戦略を持っているかいなか。
なんとなく「世間」や「会社」を信じてついて行ったら、
「引き返せない場所」にまで連れて行かれますよ。
(28歳からのリアルより抜粋)

久しぶりにこの本を読んでみて、年内までに人生戦略を改めて見直してみようと思いました。さぁやることたくさんだ〜!!

28歳からのリアル/28歳からのリアル〜マネー編
著:人生戦略会議/WAVE出版

投稿者 humangrows : 19:54 | コメント (8) | トラックバック

2004年10月04日

イチロー語録に学ぶ

ichiro.jpg

「ちょっと言葉にはできない。
自分の野球人生の中で最高の瞬間でした!」

イチロー(マリナーズ)が、10月3日(日本時間4日)、メジャー年間最多安打記録(257)を262に更新し、大記録を打ち立てた時の言葉だ。

イチロー、最終戦で2安打 今季262安打で首位打者に

すばらしい! おめでとう、イチロー選手!!

それにしても、クールな彼の言葉はとってもストレートで心に響く。
そこで、これまでイチローが放ってきた言葉の中でも、俺のお気に入りの語録をいくつかピックアップしてみた。

結果とプロセスは両方とも大事です。結果を出せないと、この世界では生きていけない。プロセスは野球選手としてではなく、人間をつくるために必要。
# いい言葉です。言い換えれば、プロセス(人間づくり)を軽んじて結果は出せない。ということになりますね。
自分が見えていない経験からは、客観的に自分を見なければいけないという結論に達したんです。地に足がついているかどうか、ちゃんと見ていなければならない。
成績は出ているから今の自分でいいんだ、という評価を自分でしてしまっていたら、今の自分はない。
# 常に今の自分に満足しては「成長はない」ということでしょう。
進化するときっていうのは、カタチはあんまり変わらない。だけど、見えないところが変わっている。それがほんとの進化じゃないですか。
# 本当の変化とは、人に見えない部分に現れるんでしょうね。まさに努力の結晶。
自分のカタチができない状態では、いろいろなことを感じられない。
ヒットを打つことは、打てば打つほど、むずかしくなるんです。
長く続く強い発見は、凡打をして、その凡打の理由がわかったときなんです。
畑違いのことは、やるべきではないでしょう。

# 数々の逆境や苦難を乗り越えてきたイチローの強い信念が感じられる言葉ですね。
今は、自分がわからないことに遭遇するときや、知らないことに出会ったときに、お、自分はまだまだいける、って思うんです。
世の中の常識を少しでも変えるっていうことは、人間としての生き甲斐でもありますから。
周りに驚かれているならまだまだ。驚かれないようになりたい。
# イチローのあくなき挑戦スピリットが、僕らに希望を与えてくれます。
テレビの向こうで、こういう目で見てくれる人たちがいると思ったら、たかが野球という気持ちには、とてもなれない。適当にあしらうことなんて、できない。
# 「たかが」と考えて適当にやり過ごす人に、夢や希望は与えられないですよね。
キライなことをやれと言われてやれる能力は、後でかならず生きてきます。
# この言葉、俺は一番好きです。キライなことから避けてはいけない。
考える余地は、いくらでも、探せばある。

# 「他に何か方法があるはずだ」という探究心が大事なんですよね。
決して、人が求める理想を求めない。人が笑ってほしいときに笑わない。自分が笑いたいから笑う。
# 裏切ることのかっこよさ。そうであれ、そうあり続けたいものです。
ついてこれるもんなら、ついてきてみろ。

# 何かにおいて、誰にも負けない自信と自負は、勝者への道であり、揺ぎなきチャンピオンの証なんでしょうね。

(参考)イチロー語録
・http://www.asahi.com/special/ichiro/goroku.html
・http://plaza.rakuten.co.jp/samdolphin/8000

投稿者 humangrows : 23:06 | コメント (0) | トラックバック

2004年09月22日

気楽にいこ〜ぜ!

「状況はいつか乗り越えられる」

ここ最近の経験の中で得た教訓です。
人間は、乗り越えられない状況はないなと。

最悪な状況が続いたとしても、
最悪な結果が待っているとは限らない。

それまで悪かった状況も、
転じていい方に傾くことだって 実は多い。

「それを信じて、待つ。」

どんな状況にも逃げさえしなければ、
状況を乗り越える力が自然についてくる。

人間って自分で考えてるより強い。
強いと思ってりゃ、強い!

頑張れ、俺たちの細胞。 粋に生きようぜ!
人生、たのしく!!

投稿者 humangrows : 22:34 | コメント (5) | トラックバック

2004年08月31日

向上心

auguest.jpg

明日から9月。ひとつの節目になる月だ。

今年も残すところ3分の1。
充実した2004年にするために、日々を大切に生きたいね。

自分自身の1日の行動を客観的に確認してみるのはどうだろう。
つまり、1日の良い点、悪い点を何か見つけてみるというもの。

どんなに完璧だと思える日も、
向上心があれば、必ず良い点や悪い点が出てくる。
逆に、良いところも悪いところも見つけられないのは、
それだけ向上心や自己啓発心に欠けているのだ。

常に自らに自問自答し、
昨日の自分よりもさらに「上」の自分を目指そう!

投稿者 humangrows : 23:36 | コメント (2) | トラックバック

2004年08月18日

「考える」土台をつくる

athens1.jpg

先日のアテネオリンピックで、日本の体操男子が団体総合の金メダルを獲得!!なんと28年ぶりの快挙だという。特集をテレビで見ていたけれど、品性のあるキレイなフォームで外人の観客までも魅了した団体選手3人に共通するのは、同じ体操クラブで学んできたこと。ここでの教えは常に選手たちの確実な土台を作っていくことで、つまり「基本の習熟」だった!

News 体操ニッポン復活 金の秘策やはり「基本」

今回の「体操ニッポン復活」は、日本人にとって「大事なこと」を気づかせてくれたんじゃないかと思う。

現代では、入ってくる情報があまりに多いので、情報を取捨選択していくことが必須となっている。必要な情報を選ぶには、「考える力」が欠かせない。

「考えること」の大切さは皆、分かっている。だけど問題なのは考える「土台」があるかないか。ろくに土台がないのに、考えてもそれは意味のない脳の空転を続けるだけ。基本の土台があって、その上に「考える」行為がある。

athens2.jpg体操においても、手足を伸ばすところはしっかり伸ばすとか、背筋はしんが入っているように伸びているとか、そして基礎体力が大きな土台となっているように、これがしっかり身についていなくて複雑な器械体操はできやしない。

では「考える土台」とは何か。脳の基礎体力という見方では、なにより土台になりうるのは「読み書き計算」に他ならない。

最近の10代には日常漢字がろくに読めなかったり、九九ができない人がかなり多くいるという。自分の頭で書いたり計算しなくても便利な道具がたくさん出ているのも原因かも知れないけど、これらの土台がなくて、周りから「もう少し考えろ!」と言われても本人は「?」ということになる。考えるための土台ができあがってないのに、考えろといわれても無理というもの。

社会人になると、文章をきちんと声に出して読んだり、簡単な計算をしたりすることは殆どなくなり、実用的・実践的な応用ばかりをやっていることが多い。特殊な技能を磨くことに重きをおいて、基礎体力を高めることをないがしろにしてしまえば、その先の結果はみえている。

どんなものにも土台なくしては成熟はあり得ない。また、基本をおろそかにしては成長はないということを、今回の「体操ニッポン復活」に学びたい。

▼当サイト内の関連記事
男の計算ドリル
タイピング向上で脳を活性化
基本を認識する

投稿者 humangrows : 06:32 | コメント (3) | トラックバック

2004年08月02日

己の信念をもつ

RiverPhoenix.jpg

たくましく本能に生きる"動物"の生き方がある。
美しくとも儚く散っていく"花"の生き様がある。

人間には人間特有の生き方があり、男には男の生き様がある。
男は己の信念を持ち続けることが、真のかっこいい男の生き様だと俺は思う。

確固たる信念は、毅然とした人格をつくるからだ。

また、信念は判断を要求されるすべてのものにおいて関係してくる重要な要素だ。特にバランスのとれた判断力を必要とされる場面では決め手となる。信念が揺らぐと心のバランスが崩れ、判断力も鈍ってしまう。

日々、己の信念を育て、磨いていこう!

投稿者 humangrows : 20:34 | コメント (0) | トラックバック

2004年07月08日

基本を認識する

「男を磨く・鍛える」というカテゴリを新たに設置しました。他のカテゴリの記事と違って難しい内容や、すぐには理解しにくい内容も多いかも知れませんが、今必要なくとも、頭の片隅に入れていておいても損はないかな〜と思う事柄を自分なりの解釈でピックアップしていきます。

今回は自分自身でも日々の中で実践している事柄ですが、「基本を認識する」ということについて少し書いてみようと思います。

物事には、基本があってこそ応用ができます。多くの人は基本をやっており、自然に基本ができていたりするものです。

しかし応用が出来ない人は多い。応用とは何か?言い換えれば実践力です。例えば接客業であれば、基本の接客マニュアルがあり、そこに実践に沿った応用があります。個別のお客に合わせた応用ができなければ、それはただの接客ロボットです。

応用ができないのはなぜかと言えば、基本を認識していないからです。どれが基本なのか、どこからどこまでが基本なのか、たいていの人は意外と認識できていないものです。

よく、「あいつは人としての基本ができていない!」などと言う人がいますが、そういう人に、人の基本とはどういうものですか?どこからどこまでが基本ですか?と問うと、そう答えられる人はいません。もっとも、こういう突っ込みをすると嫌われます♪

あなたが後輩や部下に応用力を望むならば、まず基本を意識させることです。そうすると次第に応用できるようになってくるのではないでしょうか。

投稿者 humangrows : 18:46 | コメント (0) | トラックバック

2004年06月26日

タイピング向上で脳を活性化

e-typing.jpg

e-typing(eータイピング)

今回は、昔からパソコン初心者の人によく勧めていた e-typing の紹介。ここは例文もどんどん変わっていくし、ランキングも盛んなのでやってて飽きないのが特徴。

ここのランキングを見ていると驚く。俺自身、e-typingを紹介した人の目の前で何度かやってみせたことがあったけど、トップの3分の1程度のスコアしかいかない。悔しいのでそのあと一人で何度かやるとリズムが掴めてスコアは上がるけど…。つまりある一定からは練習あるのみってことかな。トップにランキングしている人はすごいよ。ほんとすごい。

自分の頭で考えた文章を打つのと、指示された文章を打つタイピングとではぜんぜん違うので、自分のタイピング力に自信のある人もない人も一度チャレンジっ♪ 普段使ってるようで使ってないキーや、つねに間違う苦手な文字の発見ができるしね。

▼こちらもぜひトラ〜イ!
男の計算ドリル 〜by humangrows

投稿者 humangrows : 21:29 | コメント (0) | トラックバック

2004年06月20日

男の「米人生」

以前、小泉首相が所信表明演説の中で「税金は、文武両道の人材育成の資金に当てますよ」という意を持って「米百表」という言葉を発したことがあったけれど、米を主食にする日本人にとって、米を例えにした精神論はお金のように重い。

企業や学校などいわゆる組織下におかれる男たちは、米に例えるならば「おにぎりの米粒」。一粒一粒(一人一人)が、組織という"おにぎり"を形成しているわけだ。

おにぎりは米を握られて作られてる。つまり、握られているということは、組織の秩序を守り、重んずるということ。しかし、おにぎりという組織に握られてはいても、自分が米粒であるという主張をけっして忘れてはいけない。

組織の中で、お粥(かゆ)になってしまっていないだろうか?お粥は、自分の主体性を完全に放棄してしまって、汁に大事なところを吸われてしまってる。

投稿者 humangrows : 23:50 | コメント (0) | トラックバック

2004年06月17日

男の計算ドリル

WS000011.JPG

男の計算ドリル

だいぶ前に「脳を鍛える大人の計算ドリル」というのをやってみたことがあった。ボ〜っとしていた時だったけど、この単純計算を数十問解いていくうちに脳が働きはじめたのか、今まで視野が狭まってた思考がす〜っと開けてきた。なかなか効果的♪

散歩が体の適度な運動とするなら、単純計算が脳の適度な運動になるのではないかと。

そんなわけで、こないだちょっとした計算ドリルを作ってみた。まだ改良の余地はあると思うけど、ちょっとした頭の体操にはなるかな〜?

(付記)
一部機種ではエンターキーを押しても次に進まないという報告を受けましたので、エンターキーの処理部分を修正しました(6/18)。

投稿者 humangrows : 16:16 | コメント (0) | トラックバック

2004年06月02日

雨の日の心情

ajisai.jpg

梅雨の時期に入りました。雨が降ると憂鬱な気分になったり、湿度やカビに悩まされたり、と多くの人はイヤな思いをするでしょう。俺もそのひとりです。

でも、雨が降ると「うれしい」という人もいます。それは、農作物に関わっている人や、例年、水不足に悩んでいる地域の人など、こういう人々から見れば、雨は恵みの雨です。

この時期になると、日々の中で接する人についつい「今日も雨。イヤですね〜」と言ってしまいそうですが、物事をひとつの側面や観点で見ていると、気分を害する人もいることを忘れないでくださいね。

同じ物事でも、立場や背景が違えば受け止め方も違う。

ということを意識しながら、日々を過ごしてみませんか。

投稿者 humangrows : 21:09 | コメント (4) | トラックバック

2004年05月28日

下着を変えてみる

under6.jpg

日々の中で自分を変える努力をするってけっこう大変です。変わってしまう不安もあります。

そんな時、いつもと違う下着を穿いてみる。
「今日の俺のパンツ、すげーぜ!」と心の中で思いながら過ごす。
服装や食事、変えるものはたくさんある。創意工夫をして楽しく過ごしてみよう!

投稿者 humangrows : 11:17 | コメント (0) | トラックバック

2004年05月26日

ゆで蛙にならない

kaeru.jpg

変化に気づかないうちに取り返しのつかないことになるという例えに「ゆで蛙」という有名な話がある。

熱い沸騰したような湯の中に蛙を入れたなら、蛙はびっくりしてその湯から飛び出すが、ぬるま湯の中で徐々に過熱していくと、その熱さと危険性に気づかないまま、蛙はゆで上がり死んでしまう。

ぬるま湯は自分の現在の環境に置き換えられるだろう。環境がじわじわと悪化し沸騰しているのに気づかない。仮に今、あなたが安定しているからといって、それは永遠のものではない。変化を恐れ、失敗の恐怖を抱き、目標なき日々を続けていたら、いつの間にか体力も気力も失って、ゆで上がってしまう。

人生の「本当の目標」とはなんだろうか。
それを設定することはとても大事。そして環境に甘んじて日々を生活しているうちに、「ゆで蛙」になってしまわないために、自分におかれている「変化」に気づける人間になろう。

投稿者 humangrows : 17:14 | コメント (0) | トラックバック

2004年05月11日

Win-Win(どちらも勝つ)

win-win.jpg

何かと勝ち負けにこだわる男にとって、社会の中で勝負事はたくさんある。時に引くに引けないという状態に陥って、いかにして相手を負かして勝つかということに専念してしまいがちだ。

ゲームの世界では、どちらかが勝ち、どちらかが負ける。勝者があれば敗者があるわけだ。しかし人生には、Win-Win(どちらも勝つ)ということが可能だと思う。

逆にどちらも勝っていない、つまり、Lose-Lose(どちらも負け)ということもありうる。最近の社会では世界情勢も含め、この状態になっている気がしてならない。

勝ち負けにこだわったあげく「相手を負かすことで、自分が勝つ」という方程式しか持たない男は多い。

「相手を勝たして、自分も勝つ」

男なら、そんな生き方をしたい。

投稿者 humangrows : 19:47 | コメント (0) | トラックバック

2004年04月19日

すごいやり方

book11.jpg

自己啓発的な本は数あれど、この「すごいやり方」という本は、わりと僕らの身近な形で実践できるんじゃないかと思う。

これまでアメリカのコーチメソッドを元に書かれた自己啓発本というと、難しい内容で、日本的でなくて、ぶ厚い本で・・・というのが多いんだけど、とても読みやすく価格も手ごろだ。「まぁやってみようか」という具合に気軽に試すことから始めるのにちょうどいいかな。

内容は、「いま、うまくいってることはなに?」「人の考えって、素直に聞けない。」、「悩んだら、質問で解決する」、「あ、いま、ちょっとむかついた。」「これに懲りずまたやろう」など、身近なケースメソッドを踏まえて書かれている。薄手の本なので、ページをパラパラめくって気になったものを、実際にやってみる。という使い方が良。

▼すごいやり方(amazon
大橋 禅太郎 (著)/倉園 佳三 (著)
価格: ¥900 (税込)

投稿者 humangrows : 21:14 | コメント (0) | トラックバック

2004年03月15日

靴の選び方

shoes.jpg

今日は「靴の日」。
1870年の3月15日に日本初の西洋靴生産工場が開設されたことから、後年、日本靴連盟がこの日を「靴の日」と制定した。

そんなわけで今回は、良い靴の選び方について少し書いてみる。

俺は前の記事でも書いたように、今月に入って朝の散歩を始めている。2週間もたつと歩き方や靴にもこだわりたくなってくるんだよね。

良い靴を選ぶには、何はさておき”自分の足を知る”こと。足だって顔と同じで、サイズや左右の大きさ、幅、かかとの広さ、つま先の広がり方など、一人一人皆違う。

靴を買う時、「僕は26.5cmだから ええと…」と選んでいないかい?

日常生活で使う靴など、重要なファクターで、間違った靴を選ぶと頭や肩が痛くなったり健康を害する恐れも十分あるそうだ。

▼間違った靴選びのポイント

・軽い靴
・柔らかくて、伸びる靴
・幅の広い靴
・大きめの靴
・履きやすい靴
・「日本人の足形に合う」という靴

上記の基準で靴を選んでいる人は注意が必要だ。
また、デザイン重視で選ぶのも避けるようにしよう。

靴の専門店などでは最近、シューフィッターと呼ばれる「足に靴を正しく合わせる」技術者がいるところが増えている。目の視力を測るのと同じように、足の状態を無料で診断してくれるところもある。”今まで思っていた足のサイズが実は違っていた”ということも多いそう。

足は第2の心臓とさえ言われる。間違った靴、間違った歩き方を長く続けていると体の姿勢が悪くなってくるのは必然。「そういえば最近、同じ靴ばかり履いているなぁ〜」という人は、たまには靴の専門店に靴を見に行ってみよう!靴選びにこだわることが、年をとってもいい姿勢でいられる秘訣に繋がる!

▼参考
良い靴の選び方(Orthotics Society)
靴選びのポイント(くつや.com)

投稿者 humangrows : 19:43 | コメント (0) | トラックバック

2004年03月14日

何が食べたい?

food.jpg
男同士で食事に行くことってよくあると思います。普段よく会っている同僚や同級生などとの食事、久しぶりに会う友達との食事、仕事関係の人との食事・・・いろんなシチュエーションがあるでしょう。

食事に誘われた時、相手に「食事どこにする?」って聞かれ、「どこでもいいよ」と答えていませんか?加えて「何が食べたい?」という質問に、「なんでもいいよ」と返していませんか?誘われれば8割方そうだという人、多いんじゃないでしょうか。

思い当たる節がある人は、今後は「どこでもいいよ」や「お任せしますよ」と言うのを控えましょう。

誘った相手がすでに行く店を決めている場合なら、そもそもこういった質問しません。プライベートで誘ってきた相手が、待ち合わせ場所で「食事どこにする?」と質問するのは、以下の場合です。

(1) 場所を特に決めていない
(2) いくつかピックアップがあるが、相手に合わせたい
(3) 食事の後(または前)の予定を決めたい
(4) あなた自身をまだよく知らない

(1)は、待ち合わせなどの時間や場所が殆ど不明瞭な場合に、「特に決められなかったけど、どうしようか?」という意味を持つことが多い。時間や場所など条件も揃っているのに、誘った側が単に何も考えてないのは論外ですが。

(2)は、ある程度場所を考えてはいるけれど、いまいち決断しにくい時、または会った時の相手の状況(時間や予算、体調など)を考慮に入れたい時。

(3)は、「食事」というのはあくまで誘うきっかけで、あなたとのコミュニケーションを取りたい思いが強い時、食事をした後や前に自分との時間が取れるかのニュアンスを含みます。

(4)は、あなた自身のことをまだよく理解していなくて、食事制限や場所の問題、その他で失礼のないようにしたいとか、気遣いのために聞いています。


つまり、質問をされて「どこでもいいよ」と答えられると、言った本人は別段気にしていなくても、不安要素のある相手のプレッシャーはぐんと高くなります。ある意味、誘ってくれた相手への思いやりにかける返答だと思います。

誘われた時の状況や、相手との人間関係、そして自分の現在の状況をよく理解し、「食事どこにする?」という言葉の裏を読み取り、上記のパターンに当てはめてみましょう。

では、質問にどう答えればいいのでしょうか。

(1)の場合は、「この辺りの洋食屋にしない?」などと軽く提案してみます。
これによって相手は、場所と好み、そして「この辺り」という発言から時間の面も考慮に入れて、予定をある程度絞ることができるわけです。

(2)の場合は、例えば車で来ている時など、「車で来ているのでお酒がないところがいいな」とか、お金がない時や体調が優れない時は、負担なく軽い食事が取れるところを自分から提案しましょう。事前にきちんと伝えることで、お互いに気がねをするような食事を避けることができます。

(3)の場合は、あなたとのコミュニケーションを望んでいるわけで、あとはあなたが相手との時間を共有したいかどうかの返答です。このとき、相手との人間関係の向上を望むのなら、「食事もいいけれど、食事もかねてどこかへ行かない?」と積極的に提案してみるといいと思います。

(4)の場合は、まず”自分の嗜好を伝える”ことが必要です。待ち合わせ以前に事前に伝える機会があればいいですが、そうでない場合は、「○○以外なら大丈夫」とか「お酒は飲めないけれど…」など、好みよりも苦手なものダメなものを打ち明けることがポイントです。加えて(3)のニュアンスも含む場合もありますので、しっかりアピールをするといいでしょう。

日本では、おおように、誘われた場合は相手に選択決定権があり、誘われる方は受身になるという無言のルールが成り立っているようですがこれは間違いだと思います。

食事はコミュニケーションをより豊かにします。そのための場所選びや雰囲気はとても大事。男同士でオシャレな店はちょっと・・・というのは時代遅れです。いい男はいいお店を知っているものです。誘われる側も、相手への気遣いを忘れず自分なりの提案をしてみましょう。

時には「博多にラーメンを食べにいこうか」とか「神戸に○○見に行くついでに神戸牛を食べに行こうか」と、食事のために1時間車を走らせたっていいんです。食事を通じて互いの満足感を高めていくことが大事です。男同士だからこそ、場所や店にもこだわってみましょう!

投稿者 humangrows : 00:30 | コメント (0) | トラックバック

2004年03月03日

酒造りにみる男たち

makeinsake.jpg

真冬に行われる酒造りの様子。蔵の中にある麹(こうじ)室は、寒い外の気温とは裏腹に30℃を超える暑さ。湿度も90度以上という人間にとっては最高の不快指数を感じる環境の中、上半身裸の男たちが蒸し米を手でほぐしながら真剣な表情で仕事をしている姿は、まさに職人ならではの男気を感じる。

こうやって色々な工程を経て出荷された新酒を、蔵人の苦労を思い浮かべながら飲んでみると、とっても感慨深い。

どんなものを造り出すのも人知れず苦労があると思うけど、多くの消費者はそれらを知らないのが普通。自分がいま食べている物、飲んでいる物、触れている物・・・。時々でいい、「どんな人が関わり、どんな苦労をして作ったのかな」と想像してみよう!

【関連記事】
ジャパニーズ「SAKE」

投稿者 humangrows : 22:20 | コメント (0)

2004年02月21日

丸くいこう!

marusara.jpg

日本の模様には、「丸」がよく使われていると思いませんか。お皿の模様や着物の模様、花火、そして日の丸・・・。丸の模様が象徴的に描かれているものを見ると、とっても日本的だなぁと思います。

kamon.jpg
▲家紋も丸を模ったものが多い

しかし最近は、日本の象徴的な「丸」が歪んできているような気がします。それは心の丸そのものなのかも知れません。

日本の模様に丸が多く使われているのは、そして日本が象徴として掲げた丸には、日本を支えてきた多くの偉人たちの信念の証だと思うのです。

日本人として、忘れていませんか「丸」。

自分の中の誇れる信念はありますか?
日本人として何か世に残そうと考えたことはありますか?
人のために動いてますか?
忙しさの中、自分に問い掛けることを忘れていませんか?


今、ペン以外の道具を使わずに紙の上に常に新円が描ける人って少ないと思います。

描けますか新円?

俺は信念が揺らいだ時、丸を描いてみます。何度描いてもうまくかけません。歪んで見えるんです。でも、何度か描いているうちに新円ではないにしても少しずついい丸が描けてきます。これって自分の中のバランス感覚が正常になってきているのではないかと思っています。

つまり描いた丸が歪むということは、自分の中の心のバランスが崩れているということかも知れません。不思議と納得した丸がかけると、再び信念を取り戻した感覚になるんです。

普段の生活の中で内にも外にも「丸」を意識していることってなかなかないと思います。でも、丸ってとても神秘なんですよ。

「ああ、この丸きれいだな。」って思う人は少ないと思うのですが、丸の美しさの違いが分かると、自分の中の美意識を感じることができたりしますよ♪

投稿者 humangrows : 15:16 | コメント (0)

2004年02月13日

右脳を鍛えよう

WS000036.JPG
MIRAI


想像力ある人間になるには、右脳の成長が欠かせない。
というわけで、「右脳を育成しよう!」という試みのサイトを紹介。


ここの右脳チェックが面白い♪ 自分を知るツールとしていかが?


ちなみに、俺の場合はこのタイプ(Cc)だった↓

投稿者 humangrows : 23:51 | コメント (1)


サイトコンセプト
かっこいい男の五箇条
男として、かっこよく生きたい。

プロフィール