humangrows-style

« チョコレートの威力 | メイン | Flash|Yes or No »

2004年11月06日

エルトン・ジョン結婚へ

eltonjohn2.jpg同性愛者であることを告げているイギリスの歌手エルトン・ジョン氏(57)が近く、10年以上交際を続けるカナダ人男性、デヴィッド・ファニッシュ氏(40)と結婚するそうです。

過去には麻薬やアルコールに溺れ、うつ状態に陥ったこともあるエルトンさんですが、その後は全世界で1億枚以上のレコードセールスを記録し、ギネス・ブックに載るほど歴史にその名を轟かせたミュージシャンとして現在も活躍されています。

そしてこの度のご結婚と、本当に心からおめでとうございます!
着実に幸せを手に入れていますよね♪

男性と結婚へ エルトン・ジョンさん(Yahoo)
エルトン・ジョン、10年以上交際の男と結婚 (ZAKZAK)
エルトン・ジョンが長年の“BF”と結婚…式も (サンスポ)
エルトン・ジョンがボーイフレンドと結婚へ (livedoor)

というわけで今回は、エルトン・ジョンの音楽について少し触れてみたいと思います。

彼の代表作といえば、世界的な大ヒットを生んだ「僕の歌は君の歌 Your Song」や、ダイアナ妃の追悼歌として知られる「風の中の火のように Candle In The Wind」が有名ですよね。

バラードを得意とする彼ですが、以前はレゲエやロックンロールのジャンルを楽曲にどんどん取り入れていました。

彼の楽曲の志向が大きく変化したのは、同じ同性愛者であるフレディ・マーキュリー(QUEEN)のエイズによる死去以降で、彼の中で「死」に対する価値観が変わっていったことにあります。

「エイズ」そして「死」を真剣に恐れた彼は、その後は自らの生き様、そして自分の楽曲を歴史に残そうと考えるようになっていきます。

そういった背景から、現在の彼はオーケストラや静かなバラード曲が多くなりましたが、エルトン・ジョンの絶頂期といえばやはり70年代の頃の幅広いジャンルにチャレンジしていた頃だと思います。

特に彼の集大成ともいえるアルバムで、埋葬曲から始まる「黄昏のレンガ路 Goodby Yellow Brick Road」はまさに最高傑作といえます。

このアルバムの制作で、当時作詞を担当していたバニー・トーピンとのコンビネーションは本当にすごいものがあり、エルトン・ジョンを知るにはまさに必聴のアルバムといえるかも知れませんね。

eltonjohn-cd.jpg ▼「黄昏のレンガ路」 Elton John
黄昏のレンガ路 [LIMITED EDITION]
Goodbye Yellow Brick Road [ORIGINAL RECORDING REMASTERED]

投稿者 humangrows : 2004年11月06日 17:27

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.humangrows.com/text/mt/mt-tb.cgi/149

【コメント】

へぇ〜エルトン・ジョンが結婚か〜
って彼は真正のゲイじゃ・・・?
あっ、同性同士の結婚ね〜納得。
しかし、よかったね。
伴侶に巡り会えたわけだし、これはもう、年齢性別なんてどうでもいいよね。
幸せになってください。
男子も子供が産めたなら・・・
どこから産むのだろう・・と中学の頃マジで考えた。お馬鹿な私。

投稿者 ozon : 2004年11月08日 02:08

エルトン・ジョンといえば、劇団四季でもやってるミュージカルの「ライオンキング」が超有名(ディズニーアニメにもなってる)。さらに、ショウタ様!絶対観てほしいのは、大阪でしかやっていない、同じく劇団四季のミュージカル「アイーダ」。これが、これが必見!!絶対に観てほしい。テーマは時を超えた純愛です。
えーと、ここでカキコするのは、どうかと思ったんだけど、遅まきながら、DVDレンタルでとうとう見ました。「ラン・ユー」。あんなに自然に恋愛ができるなんて、あんなふうに愛しあえる二人がなんかねー、せつない。ほんとせつない。見終わったばかりの感動を伝えたくてコメントしてしまいました。

投稿者 hideki : 2004年11月08日 02:47

> ozonさん
> 男子も子供が産めたなら・・・
> どこから産むのだろう・・と中学の頃マジで考えた。お馬鹿な私。
小さい頃、睾丸が「卵」みたいだったから、「大きくなったらここから何か生まれるんだ!」と本気で思ってた俺。情報が少ない中、”動物の卵の育て方”を見て真似した記憶がある・・・。何やってんだか♪

> hidekiさん
せっかくの感動を伝えて頂いたのに、レス遅くなってすみませんっ!でもホント、「ラン・ユー」はいいでしょ〜!!もっと流行ってもいいのに。

エルトン・ジョンの「ライオンキング」のテーマ曲は、当時カラオケで自己満足曲としてよく歌っていました。英語が難しくなく、けっこう歌いやすいんですよ〜。

> 絶対観てほしいのは、大阪でしかやっていない、同じく劇団四季のミュージカル「アイーダ」。
サイトで見てみました!!面白そうですねっっ!!年内はスケジュールが厳しいけど、千秋楽の2月までにはぜったい見に行きます!

投稿者 show-ta : 2004年11月15日 23:34

▼ このエントリーへのコメント




保存しますか?



サイトコンセプト
かっこいい男の五箇条
男として、かっこよく生きたい。

プロフィール