humangrows-style

« Bose SoundDock購入! | メイン | デスノート »

2004年10月19日

28歳からのリアル

book15.jpg以前から取り上げようと思っていた本なんですが、先日書店に行くと続編「28歳からのリアル〜マネー編」が出ていたので今回ピックアップです。

「28歳からのリアル」では、仕事、結婚、お金、住まい、健康、親、モノ、マナーの大きく8章の項目に分かれており、生命保険だとか年収のマトリクスだとか、かなりシビアなことが書かれています。

この本のコピーにこうあります。

「萎えたオヤジにならないために、
やっておくべきこと、全部!」

まさしくその通り。
この本の中で28歳という位置づけを、「社会に出てほぼ10年。30歳からの本当の意味での人生の出発を2年後に控えた、いわば離陸前夜の年。」と言っています。

俺は28歳という分岐点がかなりプレッシャーでしたね。実際に社会での見られ方が大きく変わってきたのも28歳からでした。年齢を聞かれた時の反応も27歳までの時とは明らかに違ってきます。時には、もう結婚して家庭を持っているのが当たり前かのように言われる事もあったり・・・。

28歳を超えた人は分かると思いますが、体の衰えを痛感してくるのもこの頃なんですね。

体の衰えについて、この本の中ではこう書かれています。

あなたの体のピークはとっくに過ぎています。あとはただ衰えていくだけです。たとえるなら高度1万メートルを飛行する飛行機。もちろんエンジンはとっくに止まってます。残りの50年余は止まったエンジンでふらふらと風に乗るようにして生きていくわけです。あとは徐々に落ちていく・・・。

なんだか悲しくなるような内容ですが、事実、体のピークは過ぎているわけですから、これからはいかに老化速度を落とさないよう努力していくかが、違いに表れていくんだと思います。努力しないと体は維持できないわけですね。

そうして28歳の山を超え、現在まで自分なりに頑張ってきた俺ですが、今は30歳を目前に控え 次なる緊張感が押し寄せてきています・・・。

30代に伸びる人、30代で萎える人。
その違いは自分の人生戦略を持っているかいなか。
なんとなく「世間」や「会社」を信じてついて行ったら、
「引き返せない場所」にまで連れて行かれますよ。
(28歳からのリアルより抜粋)

久しぶりにこの本を読んでみて、年内までに人生戦略を改めて見直してみようと思いました。さぁやることたくさんだ〜!!

28歳からのリアル/28歳からのリアル〜マネー編
著:人生戦略会議/WAVE出版

投稿者 humangrows : 2004年10月19日 19:54

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.humangrows.com/text/mt/mt-tb.cgi/138

【コメント】

28歳がボーダー
と考える世間一般の「常識」を信じることが
引き返せないことに繋がっているとも言えるんだろうけどね

投稿者 逆に : 2004年10月19日 20:44

書き込みありがとうございまっす。
確かに「28歳がボーダー」という世間的常識に囚われてもダメなんですよね。納得です。
この本は、わりとそういう世間的常識を元に書かれている内容が多いんで、その観点から見ちゃうと多くの人は危機感を持ってしまうかも知れませんね。特に”周り”が実際にそうであればあるほど・・・。

ちなみに俺自身は、この本に書かれていることについては、けっこう否定的に感じる内容も多いんだけど、その年齢におけるさまざまな問題点を浮きだたせてくれているので、自問自答という意味で考えさせてくれるきっかけにはなったかなー。

それにしても、最近は18とか28とか38とか、これらの数字をよく目にしたタイトルの出版物が多いですね。

投稿者 show-ta : 2004年10月19日 23:18

ガーン!!つい1週間前に買って、ただいま読んでる最中であります。30過ぎた僕にとっては、かなり、手厳しく、自分自身のまさに「人生戦略」のなさに痛感しています。ショウタさんは若くて、かっこよくて、頭も切れて、友達もいて、スポーツからコンピューターまで何でもいける、まさにイケメンですよね。あとは、仕事上ではツブシの利く資格の取得と人生の伴侶もしくは側にいてくれる人がいれば、いいんじゃない?

投稿者 hideki : 2004年10月20日 23:40

むむむ〜28歳って一体何をしていたかしら?
ありきたりの生活をしたかったのに。
何を血迷ったか、仕事に燃えてしまいましたね〜
おかげで体調崩したわよっ!!
っま、自己管理が追いつかなかっただけなんですが。
ショウタさんの、まだまだやる気満々って感じを受けて、
私も、クサッちゃいらんない!!
色んな事に挑戦するぜっ。

投稿者 ozon : 2004年10月21日 00:54

> hidekiさん
この本って、「現実を知れ」と言わんばかりの書き方してますよね。ああ恐ろしや…。

> ショウタさんは若くて、かっこよくて、頭も切れて、友達もいて、スポーツからコンピューターまで何でもいける、まさにイケメンですよね。
こう書かれるとなんだか「すごい人」みたいですね・・♪実際はめちゃめちゃ普通ですよー。ただ、どこかで自分の人生を見つめた時、かっこいいと思える人生、楽しい人生だと思えるようにしたいんで、そのために頑張っていたいかな。

投稿者 show-ta : 2004年10月22日 00:16

> ozonさん
> 何を血迷ったか、仕事に燃えてしまいましたね〜
仕事に燃えている時ってけっこう周りが見えなくなるんですよね。ストレスを溜めたり健康を害してまで仕事を優先してしまう気持ち・・・よーーく分かります。。

切り替えがうまくできる人は、体調も崩さないそうですよ。そういう人はストレスのバランスがいいそうで、活性炭素が溜まらないんだとか。

投稿者 show-ta : 2004年10月22日 00:32

確かに30って歳は差が開き始める年齢かもね。
僕が独立したのはこの歳だったし。
20代に経験を積んで、ちょっとお金も貯まり、独立するのが大体この位の年齢になってしまうって事なんだろうけど。
同期の奴等との仕事のスタイルも、この年齢でハッキリし出すんだよね、30の頃ってさ。
で、決定的に仕事に対する真面目さが、形となって現れるのは38辺りなんだよね。
因みに僕、今年、38。笑
でも、一生勉強。

投稿者 はる : 2004年10月23日 01:44

> はるさん
> 同期の奴等との仕事のスタイルも、この年齢でハッキリし出すんだよね、30の頃ってさ。
そうですよね。確かに30代は同年代との差が客観的に見ても分かるようになってくるのかも知れない・・・と思います。

僕は今、自分と歳が1〜2歳しか変わらないイチローや松井、そして最近世間を賑わしているライブドアの堀江社長などの活躍を見ていると、「負けてられない!」って強く思います。

> で、決定的に仕事に対する真面目さが、形となって現れるのは38辺りなんだよね。
はるさんは仕事への取り組みはとても真面目で、こつこつと信頼を築いていく・・・みたいな印象を強く受けます。40前後でフリーターや職を転々としながら、実家で母親に食事から身の回りの世話まで受けている人(それを当たり前に甘んじている)を何人か知っていますが、将来が不安ではないのかな?って常々感じます・・・。

> でも、一生勉強。
ですね!毎日が色んな勉強の日々。
先日、来年に入ってすぐの大きな目標を立てました。いよいよやることが明確になってきたので、頑張らなきゃー!

投稿者 show-ta : 2004年10月24日 01:13

▼ このエントリーへのコメント




保存しますか?



サイトコンセプト
かっこいい男の五箇条
男として、かっこよく生きたい。

プロフィール