humangrows-style

« デスノート | メイン | 新潟大地震 »

2004年10月23日

オススメ日本酒・焼酎その1

syochu_kawagoe.jpg涼しくなった夕暮れ、すすきが風になびく…。
まさに秋という感じがします。

この時期になると食べ物も本当に美味しく、
それらに合わせて美味しい日本酒や焼酎を飲みたくなります。

黄金に輝くまんまるのお月様の下、
縁側で、月見で一杯。
そっと中秋の名月を楽しむ…。

そんな ひと時は如何ですか?

というわけで、今回からシリーズで俺のオススメの日本酒や焼酎を時折、紹介していこうかなと思っております。

第1回目は、芋焼酎「川越(かわごえ)」です。
…と、その前に、最近の焼酎の傾向について少し書いてみます。

今年は空前の焼酎ブームでした。
森伊蔵、魔王、百年の孤独など相変わらず手に入れることが困難な銘柄に加え、一時は芋焼酎という芋焼酎が市場から消えてしまうほど焼酎(とくに芋焼酎)は大人気。

これまでの焼酎ブームと違う点は、こだわりのある本格焼酎にスポットが当たったことです。次世代を担う若き蔵人たちがこつこつと作り上げてきたこだわりの焼酎がここにきて評価されてきたのでしょう。

また、芋焼酎は健康や美容にもいいという触れ込みもあり、女性にも一気に購買層が広がり、焼酎は日本酒やワインの売り上げを大きく抜いてトップシェアにおどりでました。

現在もその人気は続いており、多くの飲食店にこだわり焼酎の銘柄が並ぶようになりました。

というわけで、今回紹介する「川越」ですが、原産地は九州宮崎の芋焼酎です。聞いたことないという人も多いと思いますが、独特の芋臭さもなく、飲みやすくとってもいい焼酎です。「飲む人に生きる幸せを与えたい」と夫婦二人で丹念に造りこんだ愛情品。これはぜひ一度飲んでもらいたいです。

現在はこの「川越」も入手困難な銘柄のひとつになっていますが、酒屋の店主さんに尋ねてみるといいでしょう(こういった銘柄は店頭に並んでいない場合が多いのです)。もし店頭に並んでいるのを見つけたら買いですよ〜。

たとえ自分が飲まない人であっても、焼酎を嗜む人には喜ばれる逸品です。
こだわりの焼酎を通じて身近なコミュニケーションを広げていく、というのも、またひとつ男の人生の楽しみ方です。

投稿者 humangrows : 2004年10月23日 11:06

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.humangrows.com/text/mt/mt-tb.cgi/140

【コメント】

焼酎特集万歳!
私、焼酎大好き♪
でも、芋か黒糖しか飲めない・・・麦は無理。キツイかった。
この間“魔王”の一升瓶を飲み干してしまった。
私はこれが一番好き。まろやかなの。
でも、いかんせん手に入らない。いくら地元でも入手困難。昔は抱き合わせで3本に1本の割合で買えたけど。今は無理。
もっと惜しみながら飲めばよかった。
『後悔先に立たず。』の心境
森伊蔵も百年の孤独もキツイ。だから嫌い(人にあげちゃった)
「川越」飲んでみたい〜探しに行こう。
素敵な紹介を有難う〜♪

投稿者 ozon : 2004年10月25日 00:54

> でも、芋か黒糖しか飲めない・・・麦は無理。キツイかった。
僕も芋焼酎を好む方ですが、香ばしく、まろやかで味わい深い麦焼酎も色々ありますよー。また紹介していきますね!

投稿者 show-ta : 2004年10月27日 18:57

「難しいけど面白い」
超ベストセラー漫画「デスノート」を
詳しく易しく解説した「デスノート・ノート」が登場!
発売と同時に大ブレーク!
↓   ↓   ↓
http://kaiensha.hp.infoseek.co.jp/death_note.htm

緊急出版「デスノート・ノート◆廚
発売10日目で2刷目に突入!
↓   ↓   ↓
http://kaiensha.hp.infoseek.co.jp/death_note2.htm

原作者・大場つぐみの謎を徹底究明!
第二部以降の新たな謎や登場人物を詳しく解説!

投稿者 海苑社 : 2005年11月11日 23:02

▼ このエントリーへのコメント




保存しますか?



サイトコンセプト
かっこいい男の五箇条
男として、かっこよく生きたい。

プロフィール