humangrows-style

« IEの緊急セキュリティパッチ | メイン | 己の信念をもつ »

2004年07月31日

藍宇 LAN-YU

lan-yu1.jpg

インターネット上で匿名で公開されたネット小説「北京故事」が人気となり、台湾で書籍となって発売。さらに2001年にスタンリー・クワンの手による映画化という、なにかと話題を呼んでいた「藍宇(ランユー)」が、ついに今日7月31日から日本初公開!(現在は東京のみ)

藍宇 LAN YU 〜情熱の嵐〜

ストーリーは、バイセクシャルの青年実業家・捍東(ハントン)が、藍宇(ランユー)の身体を金で買い、次第に心から愛していく過程とその後の苦悩や、葛藤の日々を描く。

公開された映画は数々の賞を受賞し、すでにDVD化もされており、ネット上でも情報がたくさん出ているので知っている人も多いかも知れないね。

▼ 藍宇 LAN YU 〜情熱の嵐〜
(原題:『藍宇』LAN YU)
オフィシャルサイト清嚴(英語版はこちら
香港/2001年/86分
原作:「北京故事」 北京同志(著)
監督:關錦鵬(スタンリー・クワン)
出演:胡軍(フー・ジュン)/劉(リィウ・イエ) ほか

▼日本公開情報
新宿武蔵野館でモーニング&レイトショー
連日 朝10:00/夜21:05
当日一般1,800円、学生1,500円、シニア1,000円(税込)
*男性お二人でご鑑賞の方はお二人で当日料金2,000円

▼「藍宇」関連のおすすめサイト
「藍宇」LAN YU Always On My Mind

投稿者 humangrows : 2004年07月31日 20:32

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.humangrows.com/text/mt/mt-tb.cgi/94

【コメント】

とうとう、一般の映画館でも上映される事になったんだね。
藍宇ファンとしては、嬉しいやら、そっとして置いて欲しいやら。
でも、いい映画だから沢山の人に観て貰えたらいいかな。
ああ、藍宇みたいな恋がしてみたい。溜息

投稿者 はる : 2004年08月01日 00:47

藍宇は広くアジアに受け入れられている作品ですよね。原作もロングセールスですし、映画もそれなりに人気がでそう。全国公開を期待!そしてドラマになって冬のソナタ現象同様に・・・。なんてね♪

投稿者 show-ta : 2004年08月04日 21:22

初耳の作品ですが、見てぇなー(^ ^)
しかも、新宿上映とは!!距離的に行けない事はないけど、もうすぐ受験なんで無理そうです。はい。(-_-;)
(というか、その前にこの作品はR指定っぽいのでどうせ入り口で断られるんだろうな)

投稿者 アキラ : 2005年02月05日 21:03

> アキラくん
けっこうちゃんとした内容なので、確か、R指定ではないと思うよー。でも、今も公開中かどうかは分からないな・・。
DVDで見るしかないかも知れないね。日本語は出ていないので、レンタルショップとかでは手に入らないのがネック。

投稿者 show-ta(Master) : 2005年02月08日 16:18

▼ このエントリーへのコメント




保存しますか?



サイトコンセプト
かっこいい男の五箇条
男として、かっこよく生きたい。

プロフィール