humangrows-style

« FlashGame|料金所パズル | メイン | WaterBoys2 | 陸ダンス発表! »

2004年07月03日

未来を切り開く海賊たち

ms_photo.jpg

この写真はある企業の設立当初(約27年前)のものです。
有名な人が写っていますが、どこの企業か分かりますか?

そう、天下のマイクロソフト社です。

悪の帝国とまで呼ばれ、別名マックロソフトと言われるマイクロソフト。そして、写真左下の人が、世界長者番付一位に輝く悪の帝王(?)ビル・ゲイツです。

こんな見るからにオタッキー集団が世界を揺るがし、名だたるトップ企業にのし上がるとは、当時の人は誰も思っていなかったと思います。いや、だからこそ成功を収めたのかも知れません。

俺がアメリカの文化の中で好感が持てるのは、親が子に成功者やあこがれのスターを語るときに、「彼らもお前と同じだったんだ。決して特別な人ではないんだよ」と教えていること。また成功者を心からたたえる習慣がアメリカにはあります。こうした土台が多くの成功者を作るんだと思います。こうした面は日本も学ぶべきですよね。

ところで、マイクロソフト社とほぼ同時期にして成功を収めていった、アップル社を知ってますか?マッキントッシュ、いわゆるマックを世に出した企業。マイクロソフト製品を使っていてもビル・ゲイツが嫌いという人は多いけど、昔からマックを使っている人はアップル社の創業者であるスティーブ・ジョブズを慕っている人は多い。この違いがそれぞれの製品にもよく表れていて面白いですね。

今のコンピュータ業界を作っていったといっても過言ではない2人のドラマをうまく描いた作品が「バトル・オブ・シリコンバレー」。これがけっこう面白く出来ているんです。出演者も本人に酷似している点も評価できます。

こうしてパソコンを使ってインターネットを享受している我々にとって、パソコンがどんな人たちによって作られていったか、どうやって世に出ていったか、一度は興味を持ってみるのもいいのではないでしょうか。未来を切り開いていった海賊たちに学ぶことは多いと思います。また、2社の歴史を知ることでなぜ彼らが「海賊」なのかも分かることでしょう。

silicon_valley.jpgバトル・オブ・シリコンバレー
原題:PIRATES OF SILICON VALLEY
1999年 アメリカ
監督:マーティン・バーグ
出演:ノア・ワイリー 、アンソニー・マイケル・ホール 、ジョーイ スロトニック

アップル社の設立者であるスティーブ・ジョブズと、マイクロ・ソフト社の設立者であるビル・ゲイツのサクセス・ストーリーを描く、コンピュータ業界の実話ドラマ。

▼お勧めのゲイツネタサイト
がんばれ!!ゲイツ君
マイクロソフトの悪行の数々が記事になっているんですが、けっこう面白い。「またやってくれました、ゲイツ君!」という、これだけネタの宝庫となる企業や人もそうはないでしょう♪

投稿者 humangrows : 2004年07月03日 17:54

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.humangrows.com/text/mt/mt-tb.cgi/73

【コメント】

▼ このエントリーへのコメント




保存しますか?



サイトコンセプト
かっこいい男の五箇条
男として、かっこよく生きたい。

プロフィール