humangrows-style

« ヘッド・オン! | メイン | ウィルス情報|サッサー »

2004年05月02日

ゲイと脳とホルモンと

book8.jpg

ベストセラー本なので知っている人も多いと思うけれど、「話を聞かない男、地図が読めない女」から、今回は「ゲイ」に関する章をピックアップしてみた。

この「話を聞かない男、地図が読めない女」は、脳による「男と女」の違いについて緻密に研究され、その行動特性などが分かりやすく書かれている内容なんだけど、第8章ではゲイについて取り上げられている。今までゲイについて取り上げる書籍はおおようにして否定的な内容が目立っていたが、この本では、ホルモンや脳の観点からきちんと説明されており、ゲイで悩んでいる人には特に読んで欲しい内容だ。

本書の中にある、男脳・女脳テスト(下文リンク先よりネット上でチェック可能)では自分の脳の傾向が分かるので、ぜひ試してみてね。

第8章「男は男、でも…」
ゲイ、レズビアン、バイセクシャル/人類の歴史とホモセクシャル/遺伝、それとも選択?/なぜ父親がなじられるのか/「選択」は変更できる?/ゲイの双子/すべては遺伝のなせるわざ/「ゲイ遺伝子」/ゲイの家系/ゲイのラットを作る/ゲイの赤ん坊はいかにして誕生するか/レズビアンはどうして生まれるか/性倒錯/女を男に変える新しい手術/人間も自然の奴隷?/ゲイやレズビアンはセックス好き?/ゲイを見わけにくい理由/レズビアンを見わけにくい理由

その8章の中で、俺が気になった内容を少しまとめると…、

・人類の歴史の中では、ホモセクシャルは容認されていた。
かつて古代ギリシャにおいては、同性愛には高貴な意味があり、社会に貢献するための若さを引き出してくれると考えられていた。また、ゲイの若者は勇敢で優れた戦士で評価も高かった。
古代ローマの皇帝ユリウス・カエサルは「すべての女にとっての理想の男であり、すべての男にとって理想の女」だったという。

illust1.jpg

・ホモセクシャルは自分で変えたり、選んだりできるものでないことが、科学的に証明されている。
ホモセクシャルは親の育て方が悪いなどと言われるが、それを裏付ける証拠はなく、責任はホルモンの働きにあり、本人のせいではない。また、男性のホモセクシャルには遺伝性があるという(ゲイ遺伝子)。

・ホモセクシャルの行動をつかさどるのは、「相手探しセンター」と「行動センター」の2つである。
相手探しセンターは視床下部にあり、男女どちらに魅力を感じるかを決める。行動センターの方では、男性ホルモンが足りなくても、男っぽい話し方や身ぶりができる。相手探しセンターと行動センターで、必要な男性ホルモンの量は違い、それによって、なよなよした男がみんなゲイでなく、マッチョな男がみんなへテロではあらず、ゲイを見わけにくい理由になっている。

男脳・女脳テスト
あなたが男脳か女脳かを診断できる。診断結果が150以下は男脳、180以上は女脳、150〜180はオーバーラップ脳(つまり両方を持ち合わす脳)。男が診断して、180以上の結果が出ればゲイになる確率が高いという。

「話を聞かない男、地図が読めない女」(amazon)
アラン・ピース+ダニエル・ピース著/藤井 留美 (翻訳)

(目次)
第1章 同じ種なのにここまでちがう?―偉大なる進化の過程
第2章 そうだったのか!
第3章 すべては頭のなかに―これは事実?それともフィクション?
第4章 話すこと、聞くこと
第5章 空間能力―地図と縦列駐車
第6章 思考、態度、感情―災害の発生しやすいところ
第7章 不思議な化学変化
第8章 男は男、でも…
第9章 男と女とセックスと
第10章 結婚、愛、ロマンス
第11章 新しい未来へ

投稿者 humangrows : 2004年05月02日 20:19

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.humangrows.com/text/mt/mt-tb.cgi/31

【コメント】

かつて、東京国際L&G映画祭でやりましたね。
確か、主人公はトルコ系移民でイスラム教徒やなかったでしたっけ?
家族のこと、自分のgaynessのことなど悩みながら自堕落に男とやっている
感じが、何だか痛々しいドラマやった気がします。

投稿者 ちびすけ : 2005年02月20日 19:20

> ちびすけさん
> かつて、東京国際L&G映画祭でやりましたね。

それは知らなかった!見たかったなぁ。
これを題材(テーマ)として、映画やドラマを作るなら、もう少し明るい、前向きな形にしてほしいですよね。その作品に限らず、これまではゲイを扱ったテーマの作品って どうしても暗い・痛いものが多かった。けれど、最近は、17歳的天空のような、カジュアルで前向きな作品も増えてきているから、世間のゲイへの捉え方もだいぶ変わってきたのかなと思いますね。

投稿者 show-ta(Master) : 2005年02月27日 19:13

▼ このエントリーへのコメント




保存しますか?



サイトコンセプト
かっこいい男の五箇条
男として、かっこよく生きたい。

プロフィール