humangrows-style

« やっと… | メイン | セクシャリティチェック »

2004年04月14日

ブエノスアイレス

buenosuairesu.jpg

ゲイの描かれている映画として、ゲイならば比較的観たことのある人が多い作品かな?
こだわりのある作品を作るウォン・カーウァイ監督と、2003年に投身自殺でこの世を去ったレスリー・チャンが出演している、ゲイを描いたヒューマンドラマだ。

冒頭からのセックスシーンは等身大のゲイという感じでほどなく共感が得られる。なんにしても、よくケンカをするカップルだ。

この作品は当初、脚本に7つのエンディングが存在したというほど、奥の深い作品性のため、1度見ただけでは作品の意図が理解できない面もあるかも知れない。冒頭と終盤に出てくるイグアスの滝の意味、時間と距離の捉え方、2人の心理の変化など、ちょっとしたシーンにも多くを物語っている。また観点を変えて観ると違った色がみえてきて面白い。

▼ブエノスアイレス
1997年/香港/カラー&モノクロ/97分/
監督 ウォン・カーウァイ
出演 レスリー・チャン/トニー・レオン

投稿者 humangrows : 2004年04月14日 15:58

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.humangrows.com/text/mt/mt-tb.cgi/20

【コメント】

▼ このエントリーへのコメント




保存しますか?



サイトコンセプト
かっこいい男の五箇条
男として、かっこよく生きたい。

プロフィール