humangrows-style

« セクシャリティチェック | メイン | 5meoに脳破壊の恐れ »

2004年04月17日

ネットスカイの猛威

skynet.jpg

最近、今年の2月頃に猛威を振るったコンピュータウィルス「ネットスカイ」が再三の登場。加えて以前のマイドームもまた復活。技術的に特徴のあるコンピュータウィルスではないが、こう広がってくると、メールを受信するたびに見かけてうっとうしい。

基本的にメールで添付ファイルを開くと感染するわけだけど、ウィルスの代表的?な拡張子である、.pif、.scr、.zip が分かりにくくしてあるのがこのネットスカイの特徴。

例えば、 添付ファイルが、"sample.html.scr" など、Windowsで「登録されている拡張子は表示しない」のデフォルト設定がしてあるPCでは、拡張子の".scr"が見えず、HTMLファイルだと思って開いたり、'sample      .pif' という感じで拡張子までのスペースをやたら開けて、メールソフトの設定で表示される文字数が限られてる場合などに拡張子が分からないようにしてあったりと、姑息な方法が使われているがこれが効果絶大らしい。

基本的には添付ファイルは開かなければ感染はないが、WindowsUpdate でセキュリティパッチを当ててないWindowsパソコンでは、メールをプレビューするだけで感染してしまうケースも多く、加えてセキュリティの弱いPCが、WindowsUpdate に無防備に行くと、バックドアが仕掛けられていて、別のウィルスに感染するなんてこともよくある。

最近のPCなら大丈夫だと思うけど、以前のPCにリカバリCDなどを使ってOSを再インストールしたばかりという人は、特に注意が必要。まずセキュリティパッチの当ててあるPCから、使用OSとブラウザのセキュリティ用プログラムをダウンロードして、CDやFDなどから修正パッチを当てて(「パッチを当てる」とは、修正用プログラムを組み込むこと)おくことを強くお勧めします。それまで、WindowsUpdate はむやみに行わないこと。

▼ウィルス名「ネットスカイ」
W32/Netsky.d@MM, NetSky.D, ネットスカイ, W32.Netsky.D@mm, W32/Netsky-D
ウィルスタイプ→ ワーム(メールなどで感染を広げる)

シマンテックの情報(Netsky)
トレンドマイクロの情報(WormNETSKY)

投稿者 humangrows : 2004年04月17日 15:38

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.humangrows.com/text/mt/mt-tb.cgi/22

【コメント】

▼ このエントリーへのコメント




保存しますか?



サイトコンセプト
かっこいい男の五箇条
男として、かっこよく生きたい。

プロフィール