humangrows-style

« 影の伝説 | メイン | 世界地図が面白い »

2004年02月25日

目立つなら中身

allgay1.jpg

ゲイの集まるクラブに行った人はたぶん殆どの人が感じたことがあると思うけど、「ゲイってこんなに居るんだ!」という実感。

ここでは多くの人が日常では考えられないような目立つ格好なり、変わったアクションをしていることが多いんだけど、そんなに目立たないんだよね。

そう、そういう人ばかりだから。

こういうクラブに数年に1度くらいしか行かない俺には、どんだけオシャレしてたってまるで平凡。だって、おしゃれ上手な男達=ゲイがたくさん居るんだもん。こういう場所に出ている人というのはさらに磨かれているからね。至るところファッションショーさ。

allgay2.jpg

上の写真みたく、上半身裸になっていてもこれだけたくさん居たら全身真っ赤でもしないと目立ちません。ってか、この群集の下に潜ってカメラ回したい♪

こういう場所では、少しぐらい身内グループで目立っている人も、自分は本当に一個人だということを思い知る。また外観では簡単に相手には伝わらないことを思い知る。

クラブは苦手という人も多いかも知れないけど、一度行って見るといい。得るものも多いよ。行くなら人が集まる大きなイベントがいいと思うけどね。ふだんゲイの自分は特別だと思っている人や、悩みは自分だけだと思っている人は特にお勧めだ。

そして、この場所で新たな出会いを見つけてみることをお勧めする。

ここでは外見のアピールだけでは何も伝わらない。まして出会いのように何かを求めるなら、自らアクションを起こす必要があるわけだけど、風変わりな意味のないアクションを起こしても一瞬は注目されるかも知れないがその場限りだ。後で声をかけられることはない。いつも自分をごまかしている人は、こういう場所で露骨に現れる。自信を失うかも知れない。

大勢の中で相手に意識させるには、自分に信念がないとアピールは難しい。強い信念を持った人は発するオーラと目に顕れる。そのオーラは発する相手を絞ればより伝わるし、相手の意識の中に深く残る。目立つならまず中身からだ。

ゲイクラブ。ここにも人間の世界の小さな縮図があるんだね。

投稿者 humangrows : 2004年02月25日 23:15

【コメント】

▼ このエントリーへのコメント




保存しますか?



サイトコンセプト
かっこいい男の五箇条
男として、かっこよく生きたい。

プロフィール