humangrows-style

« 右脳を鍛えよう | メイン | ジャパニーズ「SAKE」 »

2004年02月14日

せくしぃ下着

valentine4.jpg

男の下着(アンダーウェア)のバリエーションはけっこう多いと思う。かっこいいなぁ〜と思うものから、どこで穿くの?って感じのものまで様々だ。

下着バリエーションについてのネタはまた書くとして、今回は、セクシーな下着を扱うサイトを中心に取り上げてみた。

fredystringwhite.jpg
▲ 一度穿くと食い込みが病みつきになるという「Tバック」。今や殆どのデパートの男性下着売り場でも普通に置いてあるんだから、男性下着の時代も変化(進化?)したよね!


backwild
ゼブラや豹などの柄のセクシービキニや、お尻の部分がぽっかり開いたビキニなど変り種も充実。

FIT HIP
セクシーな色柄ものや変り種はないが、下着ファッションショーを開催していたり、アンケートなどコミュニティが充実したサイト。

男性下着のパーフェクションブランド
2004年は「赤」で攻める!と提案する、アダルティな下着ショップ。

メンズアンダーウェアていくおん
イメージプレイの部屋オーナー、かわいひでとしさんプロデュースの下着ショップ。セックスのスパイスとして使える、独創的で特殊な下着も豊富。

KINIKI
外国のサイトだが、セクシーな柄のデザインが豊富。日本で穿けば目立つこと間違いない、個性的なスイムウェアにも注目。

Body Aware
こちらも外国サイト。商品を見ているだけでも、強烈なパフォーマンス性をもつ下着たち。宴会ネタに ど?

UnderU
ここの特徴は、家やオフィス、ビーチやクラブなど、それぞれのシーンにあったデザイン性の高い下着を紹介している。外国サイト。

UNDER GIAR
種類はわりとスタンダードながら、モデルの男たちが素晴らしい。穿きこなしも見事。同じく外国サイト。

Turkey(TM)
セクシーな下着メーカーとしては超有名なターキー。渋谷のCARNIVALというところで多く扱っている。ネット販売も可能。

エスノマート
下着ブランド別に商品を見ることができる(外国メーカー中心)。モデルにマッチョが多いせいか、ゲイサイトっぽくみえる。

(おまけ)
今日はバレンタインデーということで、まだプレゼントに迷っている人にお勧めできる人気のあるサイトを紹介しよう。両サイト共、かっこいい下着を日々発信している。

TOOT
Good Men Wear

投稿者 humangrows : 2004年02月14日 03:10

【コメント】

どもどもっ。リンクどうもです〜!
改めまして宜しくデス〜。

さてさて、本日のお題が“せくしぃ下着”ということで、
何を隠そうビキニフェチなワタクシとしましては、黙って見過ごすわけにはいきません…。
もうかれこれビキニ下着にハマッて10年ちょい。
一体何枚持ってるかわからなくなりましたが、そのほとんどはTバックでございまして…。しかも、まさに「何処で穿くねん?!」みたいな下着が主流です(汗)。ボクはそんな下着を“役立たず系ビキニ”と呼んでたりしますが…。本来の“下着の機能”を全く無視したようなデザイン…。そういうのが好きだったりするんですねぇ(^^;ゞ
しかし悲しいかな、家族と同居なもんで、“役立たず系”はもちろん普通の(?)ビキニ下着すら普段は穿けないという…。もっぱら“ココ一勝負”の時ぐらいしか穿けないのもビキニフェチとしては寂しい限りです。まぁ、“役立たず系”もココ一勝負の時でも穿けませんけどねぇ〜。相手がひく?(笑)。
因みに普段はTOOTのマイクロボクサーです…はい。

投稿者 やっちん : 2004年02月15日 00:48

うんうん、Tバックは俺も持ってるけど、穿く機会は少ないよねー。役立たず系ビキニかー。なるほど面白い♪俺も自分の持ってるのを(まだコレクションとまでは呼べないけど…)、いい肌触り系ビキニとか、穿いたら興奮系ビキニ、チンポ立たず系ビキニなんて分類してみちゃおっかなー。

TOOTのマイクロボクサーはもっこり目立つよねー。ってか、あの、マイクロボクサーを家族に公開しているなら、ビキニや役立たず系ビキニ公開ももう一歩?! とかね♪

母から「…あんたこんなの穿くん?」言われたら、「最近流行ってん!かっこえーやろ!」など押し切っちゃう♪

俺は以前 実家でついうっかりビキニを洗濯機に入れてしまって、おばあちゃんが洗濯。翌日ビキニを丁寧に畳んで置いてあったのをみて「あー!なるほどビキニはこうやって畳むんだー」と納得♪ (何かが違ふ・・・。

投稿者 show-ta : 2004年02月16日 13:40

▼ このエントリーへのコメント




保存しますか?



サイトコンセプト
かっこいい男の五箇条
男として、かっこよく生きたい。

プロフィール