humangrows-style

« ザ・ウィルス | メイン | 本屋のはしご »

2004年01月30日

オナニーの価値観

ona.jpg

相手がいなけりゃできないセックスの価値観というのは、皆けっこう均一なんじゃないかと思う。これが普通のセックスで、これがちょっと変わったセックス。てな具合に、たいていの人はある価値観の元でセックスを楽しんでいると思う。それはやはり相手がいるから、そこでセックスの価値観が違いすぎるとお互い楽しめないし、満足感が得られないため自然と均一的な価値観を持つようになってくるんじゃないかと俺は思う。

じゃあ、オナニーはというと、相手が必要ない分もっといろんな価値観があってもいいと思うんだよね。なのに・・・

俺が中学生の頃、部屋で2〜3人の友達と一緒にアダルトビデオ見ながらオナニーしたことがあった。部活で(精子の)飛ばしあいしたこともあった。その時のことを思い出すと、皆たいてい似たり寄ったりのやり方。俺も普通に手こきオナニー。
皆オナニー方法をどこで学んでいるんだろう?自分で?友達?兄弟?でもなぜかオナニーの価値観は皆同じ傾向にある。不思議だ。

俺が初めてオナニー覚えたのは小学校の頃。お昼休みに学校の鉄棒(登り棒)に登っていてなんか妙に気持ちよかった一瞬があって、ある日、人気のない時に鉄棒で上下運動してたらイッってしまったのさ。
それからは鉄棒(登り棒)オナニーにはまった。けど欠点があって、パンツ(当時はブリーフ)がびがびになるんだよね。鉄棒オナニーするときは替えパンツを持参。んで精子付いたパンツは家に帰ってこっそり自分で洗っておく。俺の隠されたオナニー秘話なのだ。

20歳過ぎるまで、こんなオナニーは自分だけだろうと思って鉄棒オナニーのことなんて誰にも言ったことがなかった。

友達に「どんなオナニーやってる? 俺、鉄棒オナニー。」なんて会話はアリエマセン。
ってか、友達に聞いても「普通に・・・」って答えられるだけだと思うから聞きもしないけど♪俺も聞かれたらそう答える、きっと。

ところが、インターネットの登場により、俺のオナニー価値観に大きな変化がもたされることになる。

数年前に電動蒟蒻というマスターベーションのことについて書かれたサイトに出会う。特に投稿が面白く、かなり没頭して見入ってたなぁ〜。まさにオナニーの価値観は人それぞれなんだと思い知らされた。いや、インターネットというものはすごいね。

電動蒟蒻

WS000030.JPG

ついでに、こういうページもどうぞ。
Onanist's HomePage

オナニーって色んな言い方するよね。マスターベーションとか自慰とか手淫とか
・・・なんかエロちっくな表現が多いのはなぜだろう?ちなみにオナニーはドイツ語では onanie と書く。つまり、オナニーという言葉はドイツ語から取ったのかな?それとも逆?

オナニーの意味を生物的に述べると、古い精子を追い出して新しく生きのいい精子に置き換える作業。つまり廃物処理。新陳代謝。ってトコかな?まぁ、どんな動物もオナニーするみたいだし、生物として大切な手順ってことなんだろう。

セックス相手がいる人もいない人も、いいオナニーしよう!!
(なんか無理やり まとめた感じ♪)

あ、ちなみに今はオナニー鉄棒やってないから♪(中学3年くらいまではやってたかなぁー)これ書いてて、久しぶりに鉄棒登ってみたくなった♪♪

投稿者 humangrows : 2004年01月30日 20:23

【コメント】

▼ このエントリーへのコメント




保存しますか?



サイトコンセプト
かっこいい男の五箇条
男として、かっこよく生きたい。

プロフィール